安くて機能が良くて使いやすい!TurboCADの紹介

TurboCADv26アイキャッチ画像

建築のCADといったら誰でも

AutoCAD これ常識ですけれども

会社で使うなら当たり前ですが
いざ個人で使うとなると高嶺の花です。

ママ
ママ

余計な出費はだめですからネ?

昔の製品ですと買い切りで1本20万以上
今でも年額¥71,500-のサブスクリプション
毎年これだけの金額を費やすのは
それだけのメリットがなければなかなか決断できないことです。

いとチャン
いとチャン

自宅でちょっと図面修正って時ありませんか?

CADソフトも沢山あります。
jw_cad、Vectorworks、電脳RAPID、などなど

学生時代は、ネットから無償でダウンロードできる
jw_cad を勉強がてら使っていましたが
簡単な建築図面しか描けず少々不満な面もありました

いとチャン
いとチャン

ほんとは自分の時代はほとんど手書きの図面でしたけどネ

社会人になってからは、高品質なCADが追求され
やはり AutoCAD に最後は行き着いてしまうのですが….

施工管理のためのプレゼンも今は手がけているため
写真なども盛り込んだ「見せるCAD」を製作したいような欲求も沸きだし
機能面重視のAutoCADにも無理が来ていました。

だいたいCADソフトは最低でも5万~10万円の高価格

高いだけあって3D CAD等も描けて高機能なのですが
3D CADなんてあまり使いません。
ましてやパソコンやソフトは毎年バージョンアップして
買い換えなければ機能が追いつかなくなります。

毎年高額を費やすのは誰でも躊躇しますよね!

いとチャン
いとチャン

ちょっとの仕事に高額投資はママに怒られるよネ

そんな中 見つけたのが
米国IMSI Design社の商品で
日本国内ではキャノンITソリューションズ㈱が日本語版の販売している

TurboCAD です。

2D専門のCADですが超低価格
TurboCADv26 DESIGNER ¥19,800-です。
(amazonで買うともっと安いです)
ただ、
3Dも描きたいとなるとやっぱり
TurboCADv26 DELUXE ¥58,000-
とそこそこの金額になりますし
高性能のCG まで描きたいとなると
TurboCADv26 PLATINUM ¥178,000-
と高額になります。

優也
優也

アカデミック版といって

学生用にもっと安いのもあるんだよ

ただし、1回購入すればず~と使ってられますし
他のCADソフトに比べれば機能が良くて安いと感じます。

また、TurboCADは毎年バージョンアップする物でもありませんし
バージョンアップしても若干の機能アップの為
よほどのことがなければ買い替える必要はないのです。

自分も最初は、2005年1月頃

2004年12月10日発売の TurboCAD Version10 STANDARD  当時¥35,000-
が最初に購入したもので

Windows10になってから機能が向上して

2015年11月16日発売の TurboCAD 2015 STANDARD 当時¥38,000-
にを購入してバージョンアップしました。

その間10年間以上何の支障も感じないで使っていられましたヨ。

今回は、当時のSTANDARD(現在のDELUXE)に比べ
現在のDESIGNER(当時のSketch)がどのくらい違うのか
レビューしたくて購入しました。

いとチャン
いとチャン

少々高くなったので一番安いものが使えるのか
試しに使ってみました

TurboCAD DESIGNERは、2D専門のCADで3Dが書けないだけで

3Dが必要なければ何ら問題はないと思います。
(若干使用コマンドは減りますけれども、これも問題なし)

バージョンアップしたくて買い替えするには問題ないと思います。

TurboCADv26初期画面
TurboCAD画像

15年近く愛用していますが
機能は抜群ですし操作性も申し分なく
最大の利点はなんと言っても「見やすい」

TurboCADv26図面画像
図面画像

AutoCADが図面に特化したCADなので機能性を重視していると感じるのに対して
TurboCADは機能もさることながらデザイン性に特化しています。

「見せるCAD」が簡単に作成できるのです。

操作性は、CADができれば

というよりは、ExcelやWord関係ができれば
そんなに時間をかけずに覚えることはできると思います。

一言で簡単です。

ママ
ママ

私でも大丈夫なの?

いとチャン
いとチャン

大丈夫!

機能性は、AutoCADの

たいがいの機能はそろっています。
専門のCADを目指すには物足りないかもしれませんが
簡単な図面・プレゼンを作成するには十分なスペックだと思います。

3D CADを目指すならば有用なCADかもしれません。

互換性は、多くの

ファイルデータに対応しています。

入出力だけではなく、データを画面上に貼り付ける事で参照しながら作業ができます。
また、データの受け渡しにも十分な役割を果たせます。
もちろんプレゼンテーションソフトやオフィスソフト
webなどのデータ活用も容易に可能となります。

特に、ペーパー空間のサポート、外部参照、ブロックなどのAutoCADとの互換機能を搭載しており
AutoCADユーザーとのデーター受け渡しをスムーズに実行することができます。

いとチャン
いとチャン

互いのCADは全部見れます

表現性は、繊細な

色に対する視覚効果を重視しつつ出力時に忠実に色を反映してくれます。

写真貼り付けはもちろんのこと外部データの入力もできます。
また、それらのデータを好きなところに好きな大きさで簡単に配置することができます。

優也
優也

デザイン系にも使えるかもネ!

写真貼り付け

AutoCADとの互換性は申し分ないのでセカンドCAD的ソフトにしても十分活用性はありますし

これ一本で使っていくこともおすすめします。

パパ
パパ

実際、私は今はこれ一本で仕事もしています

なんといっても魅力は低価格だと思いますので

CADをおやりになる方は試してみる価値はあると思いますヨ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

定年退職のおじさんです。
某ゼネコン会社で現場監督をやっていました。主に、改装工事の現場管理・工事計画・積算を行っておりました。
パソコンが大好きです。
これからは、今まで学んだパソコンや建築の知識等の色々なノウハウを発信していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

コメント

コメントする

目次
閉じる